有名で危険な剣トップ10とその歴史(パート1)

スポンサードリンク

有名で危険な剣トップ10とその歴史(パート1)
有名で危険な剣トップ10とその歴史(パート2)

世界最古の剣はパキスタンのハラッパー遺跡から発掘された青銅時代の銅剣でした。
中世期になると、鉄剣や鋼鉄の剣が大量生産され、戦争で使用されるようになりました。
中世期は銃や高威力をほこる大砲が主流になる前の時代であり、白兵戦が戦争の基盤であったため戦争に備え、兵士は剣術の訓練を受けていました。
この時代に、王や皇帝、または皇族に仕える軍人などがその時代の名鍛冶職人によって制作された剣を所有していました。
また、特別な剣に関しては多くの文献がそれらを記録として残しています。
この動画はそれらの中から現存している世界で最も有名な剣を10本紹介します。
しかし、神話や伝説でのみ存在が確認できる剣はここでは紹介しません。

10.山下奉文の日本刀
9.サンマルティンの曲線サーベル
8.七支刀
7.ウォレスの剣
6.ティソーナの剣

BGM:
Lionel Schmitt – Welcome Home
https://soundcloud.com/lionel-schmitt


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)