最終兵器 堂安律 超プレー集 17-18【全世界が期待する男】

スポンサードリンク

最終兵器 堂安律 超プレー集 17-18【全世界が期待する男】
堂安 律(どうあん りつ、1998年6月16日 – )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。FCフローニンゲン所属。ポジションはミッドフィールダー。兄の堂安憂もプロサッカー選手。

小学時代は西宮SSに所属。中学進学時にガンバ大阪と名古屋グランパスエイトの2クラブからオファーを受け、ガンバ大阪ジュニアユースに入団。ジュニアユース時代の2012年に史上初となるU-15年代全国3冠を達成した。
ガンバユースでは左右両方をこなせる攻撃的MFとして早くから頭角を現し、レフティでフィジカルが強いことから同様の特徴を持つガンバユース出身である家長昭博2世と称された。
2015年6月3日、J1第10節の鹿島アントラーズ戦で宇佐美貴史の記録を塗り替える16歳11カ月18日でクラブ史上最年少Jリーグデビューを果たした。
2016年、J3のガンバ大阪U-23で得点を重ね、J3リーグ得点ランキング暫定首位に立った。同年7月にオランダリーグの名門・PSVアイントホーフェンからオファーを受けるが、宇佐美や長谷川健太監督のアドバイスを受け、ガンバ残留を決断した。

2017年6月23日、オランダ1部のFCフローニンゲンに翌年6月末までの期限付きで移籍することが発表された。リーグ戦で9得点、カップ戦で1得点を決め、シーズン10得点を達成。これは同クラブでアリエン・ロッベンが2001-2002シーズンに記録した8得点を上回り『ロッベン以上の才能』として世界で報道された。
その後マンチェスター・シティから共同保有のオファーを受けたが、フローニンゲンがこれを拒否。最終的には、ガンバ大阪からフローニンゲンに3年契約で完全移籍することで合意した。

プレースタイルは、右の弾丸レフティー。
シーズン序盤は左サイドやトップ下で起用されていたが、右サイドからのカットインでゴールを重ね、最終的に右サイドハーフで固定された。
ボールを持ってからのドリブル突破、豪快な左足のシュートを最大の武器とする。急所をつくスルーパスやするどいクロスも目を見張り、彼のプレーから多くのチャンスが生まれる。
両足の技術にも自信を持ち、狭いスペースではヒールキックを交えた速くて細かいパス交換を見せる。この技術と低い重心、巧みな体さばきによって抜群のボールキープ力を発揮。並のフィジカル相手ならば簡単に吹っ飛ばしてしまう、日本人離れした強さも持っている。

Music Raven Kreyn – Bubble / CDE – We’re Invincible / DB812 Hevenly.


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)