実戦で実際に使用されている軍事的武器たち

スポンサードリンク

実戦で実際に使用されている軍事的武器たち
実戦で実際に使用されている軍事的武器たち
申し込む: https://goo.gl/ZDQAG6

統計によると、世界中の国々は毎年何十億ドルも費やしています。2014年の世界の軍事費は、一部の専門家によって推定されたものによると17億ドル以上です。国家の競争、武器競争、そして武器開発のブレイクスルーはすべて、国家が支払うと予想される金額がその分増えていくことを意味します。アメリカは軍隊に年間約6,000億ドルを費やしています。それは次の最も近い消費国、中国の3倍から4倍に過ぎません。テロとの戦い、兵器システムへの定期的なアップグレード、中国とロシアとの継続的な競争はすべて、この大規模な支出に拍車をかけています。実際、この世界の多くの国は、大規模な軍隊の支出と発展を促進する隣国と何らかの軍事的競争を行っています。武力闘争に使用されている高度な技術援助の急増に伴い以前は紛争の時代に利用されていた、実戦で実際に使用されている軍事的武器たちをご紹介します。

1.大陸間弾道ミサイル(略称:ICBM)
大陸間弾道ミサイル(ICBM)は主要な核抑止力であり、そのような長距離兵器を発射するための技術を保有している国はごくわずかです。R-36M(SS-18 Satan)は世界最長の大陸間弾道ミサイル(ICBM)で、16,000kmの範囲に発射可能です。8.8トンの重さで、R-36Mは世界で最も重いICBMです。
この秘密兵器は、カリフォルニアのヴァンデンベルク空軍基地から水曜日(午後12時2分)、PDT北アメリカ西部における夏時間の時刻では、水曜日(5月3日)の運用試験中に発射されました。ICBMテスト開始プログラムの目的は、エアフォース・グローバル・ストライク・コマンド(Air Force Global Strike Command)によると、武器システムの有効性、準備性、正確性を検証し、検証することです。調査によると、ロシアはこれまでで最大のICBMを構築しています。

2.Fー22(戦闘機)
この秘密兵器は現在、世界で唯一の運用可能な第5世代戦闘機です。F-22ラプターはアフターバーナーなしでマッハ1.82(1時間に1,220マイル)で巡航することができます。AIM-9X短距離飛行ミサイルとAIM-120中距離飛行ミサイルを2台持ち上げ、地上攻撃の際に精密誘導の空対地武器を運ぶことができます。地上攻撃、偵察、および電子戦闘能力を持つ戦闘機です。射撃戦争では、F-22ラプターは、戦闘員や爆撃機が、遠距離を飛行することを可能にする支援航空機を取り除くことによって、人民解放軍兵士(PLAAF)を窮地に陥れる可能性があります。予見可能な将来において、F-22は送電された場所を問わず大気環境を支配するでしょう。中国の既存の戦闘機では、原産のJ-10と、Su-27 Flankerデザイン(J-11、J-16、Su-30MKK)の様々な派生物は、F-22に対しては、視覚範囲を超えて戦闘が不利な立場に置かれることになります。

3.B-2 スピリット
バットウィング型のB-2スピリットは、世界で最も致命的な秘密兵器の1つです。もともとは戦略的核爆撃機と考えられていたが、B-2は冷戦終結時に従来の爆撃機としても機能するよう改造された。B-2の防空ネットワークへの侵入能力は、最大40トンの衛星誘導爆弾を持ち、給油をせずに6,000マイルまで移動できるため、現時点で存在する中で最も致命的な兵器システムになる可能性があります。B-2は、アメリカがたくさん持っている一方的に優位性を示す武器システムの一つです。

4.Fー35 ライトニング II
F-16、F / A-18C、A-10などの既存の航空機の存在を置き換える、アメリカの次世代戦闘機は、知識の収集、偵察、 電子戦能という機能が含まれています。F-35ストライク戦闘機は、岩石の開発をした経験がありました。 それでも、F-35が最終的に宣伝されているように、F-35は恐ろしい飛行機なのです。

5.強力な電磁石銃レールガン
EMレールガンランチャーは、長距離の米軍事実験兵器で、電磁力で3km / s(1.9m / s)の速度で撃つことができます。この銃は電気を使う銃です。化学推進剤の代わりに電気を使って発射物を発射します。高電流によって形成された磁場は、2本のレールの間を滑り、金属導体(アーマチュア)を加速して4,500mphで発射体を攻撃します。未来的なレールガンは、マッハ7で100マイル以上の発射音を鳴らします。それは音速の7倍です。発射される時には、1/100秒のスパンでゼロから5,000マイルになり、弾丸はどんな現代のタンクにも浸透して通過することができます。
NAVSEA PMS 405のプログラムマネージャーである大尉マイク・ジブ氏によると、「海軍は既に数年間陸上で爆発的な機器をテストし、2016年に海上試運転を実施した」と述べています。

6.バージニア級原子力潜水艦
世界で最も先進的な原子力潜水兵器は、2004年に初めて導入されたバージニア級原子力潜水艦です。この潜水艦は、Mk.48誘導魚雷とSub-Harpoon対艦ミサイルの混合物で武装した4本の魚雷管で武装しています。それは7,800トンを置き換え、無限に生成できる単一のS9G原子炉によって供給されます。潜水艦は敵艦や潜水艦を攻撃する能力があるだけでなく、クルーズミサイルをも攻撃を開始し、無人海底車両の母船として機能し、海上特殊部隊を支援し、情報を収集することができます。

7.自律武器システム:軍人スマート・トイ
米国防総省によると、「自律武器システム(AWS)は、いったん起動すると、人間の操作者による介入はなしに標的を選択して武装する武器システムです。一般的には、軍事用ロボットまたは軍用アプリケーション用に設計されたリモートコントロールできる移動ロボットと呼ばれ、検索、輸送、救助および攻撃が可能です。彼らは、人の介入なしに、自分でターゲットを選択して発射できる武器システムです。完全自律武器は、戦場での状況を判断し、処理された情報に基づいて必要な攻撃を決定することができます。基本的には算術計算と、ロボットのプログラミングによって作成された「人工知能」に基づいて動作します。発明によって、戦争の未来もロボットを駆使したものとなることでしょう。

8.レーザー武器システム(LAWS)
従来の海軍銃とは異なり、軍用専門用語で知られるレーザー兵器システムは、口径とは対照的にキロワットで測定されます。アメリカ海軍は、駆逐艦のためのレーザー武器プロトタイプを開発しています。レーザからの熱エネルギーを利用して、近づいてきた目標物の機能を無効にしたり破壊したりします。アメリカ軍は将来を見据えて、レーザー兵器をテストしているのです。
場合によって使用されている3つのレーザー兵器があります。空挺レーザー(高度な戦術レーザー)、ピラーSR、アクティブ拒否システムです。ボクサル氏によると、「海軍は、1年以内に船から150キロワットのレーザー兵器を射撃することを計画している。それから1年後には、運送業者、破壊兵、あるいはその両方で行う。」と発言しています。150キロワットの武器は、USSPonceに現在配備されている30キロワットのAN/ SEQ-3(XN-1 LaWSとも呼ばれる)からの大規模なアップグレードです。 AN / SEQ-3は、2014年に最初に配備され、迎撃ミサイル、ドローン、ボート、その他の潜在的な脅威を撃墜する守備兵器として、船長に利用可能です。動画のリンクはこちらをご覧ください。

9.フォード級航空母艦
第二次世界大戦の終結以来、アメリカの力の象徴のうちのひとつは、航空宇宙飛行士です。 アメリカの航空会社は、通常、最大10万トンを完全に積み替えています。
F / A-18CホーネットまたはF / A-18 E / Fスーパーホーネット戦闘機(合計52機まで)の4つの飛行隊を含み、4台または5台のEA-6BプロウラーまたはEA-18Gグローラー電子戦闘機ダースのMH-60シーホークス、そしてC-2グレイハウンドのキャリア・オンボード・デリバリー・エアーを航空母艦荷積み輸送納入します。
空母の組み合わせは、航空優勢、陸上攻撃、反船舶、対潜水艦戦など、さまざまなミッションを可能にします。現代の空母は、中国から海軍だけではなく中国から空軍への攻撃の可能性もあります。この武器は、もし行けば国全体を打ち負かすことができます。

北京や他の国の軍事力は今もなお増えていますが、ワシントンはまだ「超大国」というタイトルにふさわしい所がたくさんある国でしょう。

ご覧いただきありがとうございます。いいねを押して頂けたら嬉しいです。
チャンネル登録もどうぞよろしく


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)